会費制ウェディングの基礎知識
Knowledge

ゼクシィnet
こんなときは会費制!

お互いの出身地で行いたい

お互いの出身地が離れていると、親族や地元の友人を招待するだけで費用がかさんでしまうものです。高齢のご親族にとっては、遠方からの移動が困難な場合もあるでしょう。

そんなときはお互いの地元でそれぞれ披露宴を行うのがおすすめ。2回行うことになるため、費用が抑えられる1.5次会形式の会費制ウェディングを行うカップルが多いようです。

基礎知識一覧へ

ゼクシィnet

スポンサードリンク